サイクルバス運行 26日まで試験的に 初便は4人が利用

 わっかない観光活性化促進協議会によるサイクルバスの試験運行が18日から始まり、午前11時の稚内駅前発の第1便は自転車愛好者や観光客4人が利用した。
 コロナ収束後を見据えた新たな観光の受け皿にすべく、来年度から宗谷岬線でバスを本格運行する前のモニタープランとして、シルバーウィーク期間の26日までの9日間、稚内駅前から宗谷岬間で一日2往復させる。
 初便を利用した地元の男性3人グループは「以前、自転車で宗谷岬までの往復60㌔以上を走ったことがありますが、帰りが疲れてしんどかった。サイクルバスだと白い道などを巡って帰りは海岸線をゆっくり帰って来れるので非常に便利だと思います」と話し、バスに乗り込んでいた。

コメントを残す