キツネとタヌキの話

 私の家の斜め後ろに動物好きのお婆ちゃんが住んでいる。時々エサを与えるようでキツネやタヌキが毎日のように姿を見せる。シカと同じくキツネも街中どこでも見られる。
 タヌキを見ることは殆どないが、この婆ちゃんの所にはよくやって来る。チョコンと座りポーズを取る姿は本当に愛らしい。
 キツネの鳴き声は昔から「コン」というのが相場だが耳を澄まして聞くと「ギャン」と聴こえる。夜中、犬の遠吠えのようにギャンギャンと吠える。どうも個人的にはキツネを好きになれない。
 狸寝入りという言葉は人間の空寝に例えられるが、昔、兄が高校の頃、裏山でスキーをしていると目の前に1匹のタヌキを見付けたので追いかけて行くと突然、コロリとひっくり返り死んだように動かなかったという。
(本紙契約社員東海林英機)

コメントを残す