昆布早採り着業 前浜と声問地区で出漁

 宝来~恵比須までの前浜、声問地区などで7日、コンブの早採りが始まった。
 コンブが貝類などの食害の影響を受ける前に行われる早採りは2年ぶりに行われ宝来と声問で出漁した。
 7日午前6時、風が強いことで北防ドーム裏付近には8隻しか出漁しなかったが、漁師はねじり棒でコンブを採り、磯船がいっぱいになってから岸に運ばれ家族総出で納屋に掛ける作業の準備をしていた。
 初採取を終えた漁師は「量は沢山あるが実入りが良くなるのは6月に入ってからになりそう」と話し、別の漁師は「まだ実入りが薄い。量は沢山あるので7月の本採取に期待したい」と話していた。
 前浜での早採りは6月末、声問、はまなす地区は6月15日まで。

コメントを残す