天北堆

 東京五輪の稚内市内聖火コース清掃に市と信金職員が汗を流す。五輪開催は微妙な所にあるが、やっておかなければならない事は粛々とやるしかない◆コロナによって大揺れに揺れている日本丸だが、これを正すのは総理であり政治家の責任だ◆東京都議選、五輪、自民党総裁選、衆院解散とタイトな日程の中、総理はどう決着しようとするのか◆ワクチンが行き渡ってもコロナ禍は収まりそうもない。身を賭して玉砕してでもという覚悟なければ先の展望は見えない。身捨てて浮かぶ瀬ありの心持が必要だ。

コメントを残す