稚内の桜は5月6日 日本気象協会の開花予想

 日本気象協会が16日に発表した最新の桜開花予想で、稚内の開花は平年より8日早い5月6日とした。
 サクラ前線は3月11日に広島からスタートし、本州北端の青森には今月13日に到達。津軽海峡を渡り、道内では先ず松前町で16日開花。函館は21日、札幌は23日と予想され、稚内地方気象台の標本木がある天北緑地公園のサクラは、昨年より4日早い開花が予想されている。
 標本木のサクラは若干、蕾=写真=が膨らみ始めており、気象台は5月に入ってから毎日午前と午後の2回観測する。

コメントを残す