4漁協で138㌧水揚げ 3月中旬 オ海毛ガニ篭漁

 宗谷総合振興局(漁業管理係)は、3月中旬のオホーツク海毛ガニ篭漁の漁獲状況をまとめた。
 宗谷、猿払、頓別、枝幸4漁協所属の41隻は、解禁初日の15日に篭入れし、翌16日に初水揚げした結果、宗谷12㌧(昨年3・3㌧)、猿払9・6㌧(同7・9㌧)、頓別34・2㌧(同8・1㌧)、枝幸15・3㌧(同3・3㌧)と、好調なスタートを切った。
 20日までの累計は138・1㌧(前年同期対比99・8%増)金額6億527万円(同61%増)と数量は昨年の倍にまで増えている。
 各漁協別の水揚げ数量。
 ▽宗谷19・7㌧(同46・3%増)残り漁獲量89・2㌧▽猿払18・7㌧(同2・1%減)、同121・2㌧▽頓別55・3㌧(同2・8倍)同115・8㌧▽枝幸44・3㌧(同2・6倍)同235・7㌧。

コメントを残す

次の記事

天北堆