天北堆

 大谷高野球部が独り暮らしの高齢者宅の除雪奉仕作業を行った。前日の16日暴風雪に見舞われ困り果てていたお年寄りに共助の手を差し伸べたもので、二次災害が懸念されるとか、トラックなど機材繰りが出来ないとか何とかかんとか御託を並べてスピーディにやらない役所とは大違いだ◆それに菅政権も共助・自助・公助とほざいているが、具体的な方向性が見えず高校野球選手の爪の垢を煎じて飲めばいい◆要は何でもやる気があるかないかの問題で、言い訳がましい事言っても犬の遠吠えに等しいのである。

コメントを残す