2日目は予定通り実施 稚内北星大学の大学共通テスト

 暴風雪の影響で1日目の試験が中止された大学入学共通テストの稚内北星大学会場で17日、2日目の試験が実施され、稚高生はじめ天塩などから出願した73人が試験に挑んだ。
 大学入試センター試験に代わる初めての大学入学共通テストは、道内26会場で1万6943人が出願。前日の天候とは打って変わり穏やかな天候となった17日、試験の1時間前から姿を見せた受験生は緊張した面持ちで会場に入った。
 今年は新型コロナウイルス感染防止のため受験生はマスク着用、席の間隔を1㍍広げるなど対策を徹底して行われ、試験官から注意事項などの説明を受け問題用紙が配布されたあと午前9時半から理科、数学の順で午後5時50分まで行われた。
 中止となった16日分の再試験は30日午前9時半から実施する。

コメントを残す