コロナ禍で人出少なく 北門神社の初詣客

 正月三が日、北門神社は例年のような混雑は見られなかったものの、初詣客は今年1年の幸せを願って手を合わせた。
 例年、三が日の参詣客が1万人ほどいる北門神社だが、今年は1日4000人、2日1500人、3日2000人の7500人と少なかった。
 新型コロナウイルス感染防止で密を避けるため分散参拝が呼び掛けられたこともあって混雑は見られず、1、2の両日は悪天候もあって少なかった。
 天候が回復した3日午後は、マスク姿の家族連れらが参拝する姿があった。家族3人で訪れた30代男性は「いつもは元旦に来るが、今年は遅らせた。家族の健康とコロナが早く終息するようお願いしました」と話していた。

コメントを残す