天北堆

 コロナ禍の中、引き合いが著減している魚介の浜値が下がっているのに定置のサケだけは上伸しており、宗谷管内ではこの10年間で量は4番目ながら金額は3番目になったという◆管内の大宗漁といえばホタテだが漁は堅調も輸出物が倉庫に積み上がってしまい実入りは少なかったよう。とは言ってもレベルが違いアフターコロナも宗谷を、稚内を引っ張ってくれるだろう◆ということで今年の漁は仕舞になり、年明けには毛ガニ刺し網漁が始まり3月にはオホーツク海に春を呼ぶカニ篭漁が解禁される。

コメントを残す