トップチーム集結 6日~8日カーリングのエキシビションマッチ

 みどりスポーツパークオープン記念として6日~8日までカーリング場で男女合わせて国内トップの7チームが参加した特別企画エキビションマッチが開催される。
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内チームの海外遠征が中止となり、国内で多くの大会が開催を見合わせていることを受け、選手の競技力向上を図るため開催されるもので、女子はロコ・ソラーレ、北海道銀行フォルティウス、中部電力、男子はコンサドーレ札幌、名寄市役所、TM軽井沢、SC軽井沢の日本カーリング協会の強化指定チームが参戦する。
 新型コロナウイルス感染防止のため無観客で行われ、試合はユーチューブなどでネット中継される。
 大会に向けて3日まで稚内で合宿しているロコ・ソラーレの藤沢五月選手は「2月の日本選手権を前に実戦形式となる試合で、練習とは違う緊張感を持った試合が出来るので頑張りたい」と意気込みを語る。
 日本カーリング協会の貝森会長は「コロナ禍の中で応援して下さる方々に元気や希望を見つけることが出来る大会になることを期待したい」と話していた。

コメントを残す