全国コンクールで特別賞など受賞 鶴雨書道教室に通う7人

 鶴雨書道教室(大澤和子代表)に通う児童生徒7人が、国際書道協会主催の第51回全国書道コンクールで特別賞に輝くなどした。
 コンクールには、全国から9412点の応募があり、最高位の特別賞に楡未帆さん(東中2年)、特選に山野寺萌、千葉花香さん(共に稚高2年)、廣瀬柚奈さん(南中2年)優秀作に太田百華(南中3年)、永吉穂香(潮見が丘小6年)、遠藤詩乃(南小4年)さんが選ばれた。
 特別賞の楡さんは「まさか自分が賞に選ばれると思わず嬉しかった。大澤先生のアドバイスを受け楽しく取り組むことができました」、特選の山野寺、廣瀬さんの2人(千葉さん欠席)は「もっと上を目指し頑張りたい」優秀作の永吉さんら3人は「頑張って練習した甲斐があり嬉しかった」と喜びを語った。
 このほか、日本書道評論社出版の「書の研究」で廣瀬柚奈さんが毛筆、硬筆ともに準学生名人、太田百華さんはかな文字で準学生名人に合格した。
 大澤先生は「コロナ禍でも努力し、賞に選ばれたことを嬉しく思う。今後も書道に励み頑張ってほしい」と相好を崩していた。

コメントを残す