離島向け どうみん割スタート

 道は20日から、道民の道内離島旅行を支援する「どうみん割りとうぷらす」の販売を始めた。
 コロナ禍で打撃を受けている利礼両島をはじめ、奥尻、天売、焼尻の5島の旅行代金を支援するもので、離島は季節などに左右されやすいため、来年2月から実施される「どうみん割+」に先立って販売される。
 7月から始まったどうみん割の割引上限1万円よりも2000円高い1万2000円を5連泊を上限に補助する。
 バスや鉄道、航空機など交通付きの宿泊プランは、ツアー日程中の離島以外の宿泊も同じ割引額を適用。フェリーなどの欠航で離島で宿泊せざるを得ない場合の延泊分も補助される。
 国のGoToトラベルとの併用は出来ない。
 既にどうみん割に参加している事業者は来年1月末、参加していない事業者は10月26日~11月6日の日程で本庁の事務局で受け付けている。

コメントを残す