太田市の子供の祈り鶴飾る コロナ禍で来市できず

 群馬県太田市の中学生が作った折り鶴が市役所ロビーに飾られている。
 2002年から行われている青少年交流体験事業フレンドシップは今年、コロナ禍で中止になったことから太田市教委から中学生ボランティア58人によって折られた折り鶴2300羽が届けられた。
 折り鶴は、今月1日に開かれた第33回稚内市子育て平和の日記念式典会場で飾られたあと、市役所ロビーで飾られている。
 市教委によると、折り鶴と昨年度に参加した中学生団員の代表から「一つひとつの折り鶴に想いを込めています。互いに友好を深めて行くことを願っております」などとの手紙も添えられていた。
 11日まで展示。

コメントを残す

前の記事

天北堆