天北堆

 コロナ禍で減収した家庭の高校生に市教委が20万円貸付し返済し残り10万円になった時点で返済を免除する臨時奨学金制度を設ける。要するに20万円借りるが10万円分返せばいいということになる◆義務教育でない高校は何かと費用が必要でその足しに幾らかでもなればと太っ腹の市教委である◆未曾有のウイルスに対する支援対策として国や都道府県、市町村は打出の小槌が無いのに拘らず何処もかなり無理な大盤振る舞いをしている◆道新によれば稚内市の場合、それほどの無理でないとのこと。本当かな?

コメントを残す