菜の花一面に咲く 恵比須1の産業道路近く私有地で

 恵比須1の産業道路近くの私有地の一角で菜の花が満開になり、一面黄色のじゅうたんのようになっている。
 近所の人によると、この土地は市内の水産会社が所有する土地で何年か前に荒れた土地に土を入れ、そのまま使用せずにいたところ、菜の花が咲き始め年を追うごとに花の数が増え今年初めて一面に花が咲き揃ったという。
 産業道路と道道バス通りの間にある菜の花畑は縦50㍍、横5㍍に亘って黄色のじゅうたんが広がり、花が趣味だという近所の70代男性は「土の中に種が混じっていて咲いたと思うが、今年一面に咲いてびっくりした。自然が作ったものとはいえ稚内では菜の花が一面で見られる所はないのではないか」と話していた。

コメントを残す