特別支援金の案内配布 振興局が経営持続化支援金など

 宗谷総合振興局(商工労働観光課)は、今後申請の受け付けが始まる経営持続化臨時特別支援金給付に必要な手順を説明した書類を配布している。
 新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組む事業者を支援するため、休業要請の対象となっているバー、パチンコ店、ゲームセンターなどの事業者が、遅くとも19~31日まで休業することなどで10万円が支給される。
 休業対象外の事業主でも、長期の外出自粛や自主的な休業で1カ月間の売上が前年の半分以下になり、国の持続化給付金の対象となる場合は、道から5万円上乗せ支給を受けることが出来る。
 商工労働観光課によると、今回の休業要請対象者で給付申請するには、前回の休業要請時(4月25日~5月15日)の休業協力・感染リスク低減支援金の申請に必要だった書類に加え、国が提唱する「新しい生活様式」の取り組みを実践した内容が分かる書類なども必要になるとして「内容を把握し、スムーズな申請ができるよう準備して頂きたい」と話している。
 受け付け開始日などは未定だが、決まり次第、道のホームページなどで知らせる。

コメントを残す