新型コロナ 感染者第1号出る 札幌で入院 院内感染か

 道は17日午後、宗谷管内居住の60代女性が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。管内では初の感染者で居住の市町村名は公表されず、女性は札幌市白石区の国立病院機構北海道がんセンターの入院患者で、数日前、院内感染したものと見られる。
 道によると、道内348例目の発症となった女性は、14日に発症し会話はできる状態で軽症だという。
 道の発表後、取材に応じた稚内保健所は「稚内から検体を送ったものではない。詳細は札幌市の方で調査中だが、がんセンターで最初に看護師の感染が確認され院内感染したとみられ、宗谷管内にいる人が感染したわけではない」としている。

コメントを残す

次の記事

時の話題 「公けの福祉」