稚内市内セルフGS ガソリン118円まで下落 1カ月で22円値下がり

 3日、市内セルフGSのガソリン価格が2円値下がりし1㍑118円(税込み)になった。ガソリン価格が110円台になるのは平成27年12月以来4年4カ月ぶり。
 原油価格は、世界的なコロナウイルスの感染拡大による需要の落ち込み、OPEC(石油輸出国機構)プラスの協議が決裂したことなど要因に下落が続いている。
 市内では140円だったガソリン価格が3月6日に130円台、同20日には120円台と毎週のように下がり続け、1カ月もしないうちに22円も値下がりした。

コメントを残す