Pocket

 東京商工リサーチ北海道支社から新型コロナウイルスに関係する倒産情報のFAXがあった。コロナ関連では4件目である。
 飲食店関係者はウイルスによって売上げが激減し一日に1人のお客も来ないという異常事態の店もあり、道内何処もそうだが特に札幌市内の飲食店が不振を極めている。
 稚内での落ち込みも深刻で8割、9割減という店も珍しくなく、22日の日曜日に行ったデパートは1階(食品)、2階(衣料など)とも客少なく、コロナの影響の度合いの大きさを改めて思い知った。
 小売でさえこうなのだから飲食店、ホテルの落ち込みは推して知るところであり、道内の緊急事態宣言は解かれたとはいえ、この状況は未だ長引きそうな状況にある。
 1、2カ月なら持ち堪えられる小規模店も3カ月以上となると耐えることなどできず廃業という事態も覚悟せねばなるまい。
 この逆境の中、潮見5にある回転寿司「花いちもんめ」稚内店の笠原奨店長さんらによって稚内の飲食店でテイクアウト(持ち帰り)や配達する店を紹介するインターネットサイト「稚内弁当マップ」が立ち上がった。登録店を募集しており、テイクアウト店として登録することで売上げを幾らかでも押し上げるよう願っている。
 東京の感染拡大は気になるが道内はウイルス封じ込めがある程度されており、ここまで感染者が1人も出ていない稚内は警戒を緩めることなく市民一人一人が感染防止に努め終息する日を待ちたい。
 抑圧された自由を取り戻す楽しく飲食する日が待ち遠しい。