Pocket

 親の火か子どもの火か今のところは判然としないと小紙の記者は言っていたが東京五輪聖火リレー道実行委員会が公表したのだから札幌周辺を走る親火走者なのだろう◆その走者に選ばれた今江愛さんは稚高の2年生で陸上部主将。400㍍ハードルで全道大会に出場したのが選考の決め手になったか◆1964年から56年ぶりに開催される東京オリンピックの走者になれるのは今江さんが〝何か〟を持っているからであろう◆過去に自ら「何かを持っている」と言い燻っている人いるが自惚れというものだろう。