キタカラ前にかまくら 日本極地研究会支部

 日本極地研究振興会稚内支部が、キタカラ駅前広場でかまくらを造っている。
 2月8日夜に中央地区など市内各所であるアイスキャンドルイベントに合わせ、キタカラなどを利用する観光客や市民に雪国ならではの催しを楽しんでもらいたいと造っているもので、27日から作業をしている会員の石塚建設興業の社員がかまくらに人が入れるスペースを確保するため土台に設置した空気ボールの回りに雪を搬入し固める作業などしている。
 雪不足で各イベントも雪の確保に苦労しているが、社員は「かまくら分の雪は周辺に積もった雪で確保でき3㍍の高さがある立派なかまくらに仕上げたい」と作業していた。

コメントを残す