宗谷岬で24.8㍍の強風 悪天候で交通機関に乱れ

 気圧の傾きが大きい影響で稚内地方は25日朝から雪を伴った風速20㍍以上の強風が吹き、一部の交通機関で乱れが生じている。
 稚内地方気象台によると、25日朝方から風が強まり、午前7時過ぎ宗谷岬で24・8㍍、声問20・1㍍の最大瞬間風速を観測。開運では15㍍の強風が吹き荒れ、吹雪で視界が悪くなり、ライトを点灯して走行する車が目立った。
 風雪注意報が発表されている稚内地方は、25日午後から26日にかけても風速15㍍前後の強風、26日朝まで多い所で10㌢前後の雪が積もる見込みで、吹溜りによる交通障害など注意を呼びかけている。
 25日の利礼航路は午後の便が欠航。空の便は全便欠航した。

「稚内猿払線通行止」
 吹雪のため25日午前9時半から道道稚内猿払線の増幌~東浦までの2・1㌔区間は通行止め。

コメントを残す