15%増の161万2000人 宗谷管内 本年度上期観光客入込数

 宗谷総合振興局(商工労働観光課)は、本年度上期(4~9月)の管内10市町村への観光客入込み状況をまとめた。
 稚内市39万4500人(昨年同期38万100人)、9町村合計121万7500人(同102万1000人)の161万2000人昨年同期と比べ15・1%の21万900人増えた。
 道外客72万4000人(同61万8200人)、道内客88万8000人(同78万2900人)。
 日帰り客119万7000人(同98万9300人)、宿泊客41万5000人(同41万1800人)。
 10日間の大型連休だったGW中が天候に恵まれ、4、5月の入込客数が伸びたこと▽昨年9月に胆振東部地震が発生し落ち込んだ分が回復したこと▽浜頓別は複合施設がオープンしたことなどで大幅に入り込み数を伸ばした要因としている。
 地域別では、稚内ブロック78万8500人(道外34万7500人道内44万1000人、日帰り53万3200人宿泊25万5300人)利礼ブロック34万1900人(道外16万4200人、道内17万7700人、日帰り21万5800人、宿泊12万6100人)、南宗谷ブロック48万1600人(道外21万2300人道内26万9300人、日帰り44万8000人
宿泊3万3600人)。
 9町村の入込み数は次の通り。
 ▽幌延町8万4500人(同8万5000人)▽猿払村10万9100人(同10万2400人)▽浜頓別町28万5600人(同9万4100人)▽中頓別町4万2300人(同4万2900人)▽枝幸町15万3700人(同15万4900人)▽豊富町20万400人(同19万7200人)▽礼文町10万500人(同10万1900人)▽利尻町12万700人(同12万1300人)▽利尻富士町12万700人(同12万1300人)。

コメントを残す