南瓜食べ無病息災 大谷幼保で一足早く冬至の催し

 20日、大谷幼稚園オアシス保育園で冬至の催しがあり、園児たちがカボチャを食べて無病息災を願った。
 22日の冬至を前にした催しには、園児90人余りが参加し、先生から「一年間で一番夜の時間が長い冬至にカボチャを食べると風邪をひきにくくなります」などと由来の話を聞いた。
 このあと、園児たちは寒い冬を元気に乗り切れるよう振る舞われたゆず湯とカボチャのお汁粉を食べていた。

コメントを残す