柴田君、オホーツク短水路水泳競技大会2種目で新記録 

 11月30日~12月1日にかけ紋別市で開かれた第9回オホーツク短水路水泳競技大会に出場した東小4年生の柴田匠嘉君が9、10歳自由型200㍍、400㍍の2種目で大会新記録を更新。出場した5種目中3種目で優勝し9、10歳の部優秀選手賞に輝いた。
 稚内はじめ札幌、旭川など17チームから306人が出場。柴田君は自由型100㍍、200㍍、400㍍で優勝し、自由型50㍍、個人メドレー200㍍で準優勝した。
 山崎将君(稚中2年)は背泳ぎ50、100㍍、大池一和君(南小4年)は自由型400㍍、池田旭陽君(東小2年)は個人メドレー100㍍で優勝するなど稚内SC勢が大活躍した。
 結果は次の通り。
 ▽水越凌真(東小3年)8歳以下の部個人メドレー100㍍②▽池田桃佳(稚高1年)15~18歳の部自由形100㍍②バタフライ100㍍③▽丸山古郁子(南小4年)9~10歳の部平泳ぎ200㍍②。

コメントを残す