希少種シノリガモ飛来

 稚内港内に冬の訪れを告げるカモが飛来している。
 24日午前、第2副港内で顔や体に白い線があるシノリガモが10羽ほど確認された。
 この鳥は北海道のレッドデータブックで稀少種に指定され、冬になるとアラスカなどから越冬のため北海道や東北地方の沿岸部に飛来する。

コメントを残す

前の記事

天北堆