稚内開建から職員4人派遣 台風19号被災地の東北に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 稚内開建は18日、台風19号で被害を受けた東北地方に、職員4人をTEC―FORCE(テックフォース・緊急災害対策派遣隊)として派遣した。
 テックフォースは、大規模自然災害が発生した場合などに災害対応の支援を行うことを目的に派遣しているもので、稚内開建からは昨年9月の胆振東部地震以来の派遣。
 18日、稚内地方合同庁舎であった出発式で派遣される小野裕二隊長(上席道路設計専門官)ら4人を前に、舘石部長の「早期復旧に力を注ぎ、活躍と健闘を祈っています」との激励に、小野隊長は「災害復旧の期待に応えられるよう職務を全うします」と応えていた。
 4人は19日に稚内空港を出発し仙台空港に到着後、20日から復旧支援の業務に当たる。 

コメントを残す

次の記事

天北堆