豊富牧草地にタンチョウ 利尻山初冠雪撮りに出掛けた70代女性撮影

 市内の写真サークルに所属する萩見地区の70代女性が、豊富の牧草地に出没したタンチョウを撮影した。
 今季初めて稚内地方(開運)が10度を下回った19日早朝、冷え込み利尻山が初冠雪になっているのではないかと相棒のデジカメを持ち西海岸まで出かけた女性は、初冠雪の写真を撮り終え豊富方面に向けて車を走らせていたところ豊富の牧草地で午前9時過ぎ、つがいのタンチョウを見つけた。
 「渡り鳥の季節に入り飛来してきたヒシクイの中に白い鳥が見えたので驚きました」と撮影した日のことを振り返っていた。
 過去に何度かタンチョウの撮影に成功している女性は「この日は初冠雪の写真も撮れ、今年初めてタンチョウとも出会えてとても運が良かった」と話していた。

コメントを残す

前の記事

増幌川でサケ遡上がピーク