秋山空自北部航空警戒管制団司令が岡本議長と川野副市長を表敬訪問

 レーダーサイトを配備する北海道と東北の自衛隊基地の管理を担う最高責任者の航空自衛隊北部航空警戒管制団司令(青森県三沢市)の秋山圭太郎空将補が11日、岡本市議会議長と川野副市長を表敬訪問した。
 今年4月の人事で空将補に就任した秋山氏は稚内分屯基地の視察に訪れ、11日午前、國澤幸治稚内分屯基地司令と共に岡本議長の許を訪れた。
 30分ほど会談したという防衛省全国情報施設協議会議員連盟会長でもある岡本議長は「国境の街である空の守りを365日24時間体制で監視し国民の安心安全を守って頂いていることにお礼の気持ちを伝えました」と話していた。

コメントを残す