稚内養護学校の児童生徒が地域住民と一緒に声問海岸を清掃

 3日、声問海岸で稚内養護学校と声問地区住民合同の清掃活動が行われた。
 養護学校児童生徒と住民が交流する機会として5年前から続く清掃活動には児童生徒20人と住民ら30人が参加した。
 参加者たちは2班に分かれ、砂浜に漂着したペットボトルやロープなどのゴミ拾いに小一時間、汗を流した。
 清掃活動を終えた生徒は「清掃は遣り甲斐があり、海が綺麗になって良かった」と嬉しそうに話していた。

コメントを残す