勇気持って決断を 南中OBの増田さんが講話

 南中OBで今は金融庁企画市場局市場課専門官、国際弁護士として活躍する増田雅史さん(37)の講演が2日、南中であり、生徒たちが先輩の話を聞き将来について考えた。
 南中生徒の学力向上などのため、9~11月までに全国で活躍するOBを講師に招く「先輩に学ぶ講演会」が開かれることになり、第1回目の増田さんの講演には生徒201人と市民らが参加した。
 南中卒業後、旭川東高、東大工学部など卒業し現在の職に就いた増田さんは「人生を豊かにするための2つの大切なもの」と題し講話する中、人生は選択の連続であるとし「納得の行く将来に向けて選択肢を増やすことと勇気を持って決断をすることが大切」と話し、「持つべきものは友人と機会であり、選択肢を広げられる環境を作るようにしてほしい」とアドバイスしていた。

コメントを残す