Pocket

 幌延にある深地層研究施設が出来20年経過した。当初は20年後に施設を埋める予定だったが済し崩しに既成事実を作り放射性廃棄物の処理場にされることが恐い。だから連合北海道、廃棄物施設誘致に反対する会は幌延町に3者協定遵守と深地層研究の見直し要請した◆この施設は動然の頃から国と市民団体が角を突き合わせ国が懐柔策を駆使し今の運営団体と施設になったという経緯がある◆当時、確認できなかったサロベツ断層帯も近くにあり、万が一にも処理施設になった場合の影響は子々孫々続く。