お墨付きの登録 JNTO キタカラの 観光案内所 外国人旅行者に対応

 稚内観光協会横にある旅行者への案内業務を行う稚内市観光案内所が、日本政府観光局(JNTO)の外国人観光客に対応した案内所に認定された。
 ここ数年、案内所には東南アジア、ヨーロッパなど世界中の外国人観光客の利用が増え、来年の東京オリンピック開催を前に稚内に旅行者を更に呼び込むための外国人旅行者にサービス向上を図る取り組みとして、申請していたJNTOから6月30日付けで外国人案内所として認定された。
 稚内案内所はJNTOが定める4つのカテゴリーの中で、3番目のカテゴリー1で登録され、地域情報の交流拠点として外国人に地元の話題や観光情報の提供、公共交通利用の案内などサービスを展開する。
 登録されたことによってJNTOお墨付きの案内所として位置付けられ、稚内観光協会の戸村元泰プロジェクトマネジャーは「登録される案内所が稚内にあることで外国人旅行者が旅する上で安心に繋がる。観光情報だけでなく、病院など旅行中に困ったことなど対応したい」としている。

コメントを残す