天北堆

 宗谷管内にもニシン群来が。礼文に続き稚内市街地から目と鼻の先の第一清浜でも精子で濁った海面に◆65年ぶりといえば生まれたばかりの赤ん坊が初老の年代になるほどの年月で正に堆子が当てはまる◆「あれからニシンはどこへ行ったやら」と北原ミレイの「石狩挽歌」を口ずさむほどニシン漁華やかりし頃の時代に思いを馳せる人は少なくない◆一時代を築き群来が本物なら第二の時代だって夢ではない◆人生は回り舞台のようにさっき見た光景が目の前に再び現れることもある。ニシン群来にそれを見た。

コメントを残す