天北堆

 稚内市街地国道の無電柱化工事が始まった。地上の電柱を無くすというのは電線を地下に埋設するということで素人目には電柱を立てるより費用が少ないのでは考える。それに電柱が無くなるのは景観上宜しく、何よりも地震など自然災害が遭った際に倒壊する電柱が無い訳だから、その後の救援活動にも都合が良かろう◆無電柱化は京都など古くからの観光地で行われているはずで稚内も一歩近づいたかとの印象を持つものの、寂れる一方の中央地区で施工されるのは矛盾感じないでもないが致し方ないのかな。

コメントを残す