稚内のサクラは11日以降 日本気象協会の最終開花予想

 今季最終のサクラ開花予想を発表した日本気象協会は、稚内での開花は平年と同じ5月11日と予想している。
 本州からサクラ前線が北上し24日函館、28日帯広、29日は室蘭で開花し、稚内地方気象台の標本木がある天北緑地公園のサクラは、昨年より1日早い開花が予想されている。
 標本木のサクラは漸く蕾が膨らみ始めた状態=写真=で、GW明けの7日から午前と午後の2回観測するという職員は「今後の天候を見ても11日~13日の間に開花するのでは」と予測している。

コメントを残す