死骸にカラス群がる 浜勇知海岸こうほねの家近くで

 浜勇知海岸にトドのような海の生物が打ち上げられているのが見付かった。死後数日経っているとみられる。
 読者が発見し本紙に情報提供してくれたもので、トドとみられる生物の死骸は、こうほねの家近くの波打ち際に打上げられていた。
 体長は2㍍ほどで大きな尾びれがあり、打ち上げられて数日経過しているようで、肉を漁りにワシやカラス、カモメなどが群がっていた。
 この周辺はクマが出没することもあり、トドと見られる死骸とこうほねの家との距離は数百㍍しか離れておらず、27日開設予定のこうほねの家には観光客らが立ち寄ることから海浜管理者の稚内建管部はクマを寄せ付けないための早急な対応が求められる。

コメントを残す