希望を胸に172人 きのう午後、稚高入学式

 8日午後、稚高で入学式が行われ、新入生172人(男76)が希望を胸に高校生活のスタートを切った。
 名前を呼ばれた全日制普通科101人(男51)、商業科26人(男16)、衛生看護科40人(男4)の167人(男71)の生徒の入学を許可した元紺谷校長は、式辞で今年から普通科と商業科で単位制が導入されることに触れ「自分に合った学びを選択できるようになり夢を実現できる学校にバージョンアップしました。自分の課題を磨いて下さい」と述べた。
 来賓の工藤市長らの祝辞に応え、新入生を代表し普通科の平山挙君=写真=が「社会に貢献できる人となれるよう日々努力します」と宣誓した。
 夜には定時制の入学式があり、5人(男3)が入学した。

コメントを残す