景気浮揚の第一弾 稚内市第1回入札会開く

 市の新年度第1回工事入札会が9日、市正庁で50社から60人余り参加し開かれた。
 入札開始に先立ち工藤市長が「地元経済の活性化に期するべく今年も早期発注するよう努めていきたい。間もなく始まる令和という新しい時代が皆さんの商売にとって輝かしい時代となるよう祈念いたします」と挨拶。富田稚内市建友会長が「春一番で多くの工事発注して頂くことに感謝申し上げます」などと述べ、24件の入札が行われた。
 工事は南小校舎解体工事など約6億800万円を見込んでいる。

コメントを残す