地域共生社会を築く 7期挑戦の藤谷良幸氏

 市議選に立候補する予定の藤谷良幸氏(61)の後援会事務所開きが3日夜、中央1の自宅であり、7期目に向け「6期24年間の力を全て出し切る」と決意を述べた。
 支援者50人を前に、丸山勇後援会長の「議会に経験豊富で責任感がある藤谷氏が必要」との激励に、藤谷氏は人口減少、超高齢化社会での福祉などの対策が急がれていることをあげ「地域の皆さんと支え合う社会の仕組み、教育でも地域で子供たちを支え合うなど地域共生社会を築きたい」とし、様々な課題に「一つひとつ着実にやれば必ず実現できる。24年間で培った力で勝ち抜きたい」と力を込めた。

コメントを残す