Pocket

 稚内南ロータリークラブは25日夜に開いた第47回創立記念例会で職業奉仕表彰として工藤智子さん(58)、社会奉仕表彰として加藤一弘さん(79)を顕彰した。
 昭和53年から中央水産に勤務している工藤さんは、会社が販売している正月向けの御節など料理の味付けや煮込みなど担当し、料理の技術は他に負けない秀でたものがあると評価されている。
 カトウ工芸社長の加藤さんは、冬の一大イベントの全国犬ぞり稚内大会で36年もの間、自ら出場し大会運営の中心的な存在として今も大会を支え、冬観光発展に欠く事ができない存在となっている。
 山下優会長から「功績を称え職業、社会奉仕賞を贈り表彰いたします」と表彰状を受け取った2人は「色々な人の支えがあったからこそ頑張ってこれました」と感謝していた。