中小企業支援学ぶ 稚内信金てっぺん塾開く

 稚内信金の若手経営者の会てっぺん塾が11日、サフィールホテル稚内で開かれ、中小企業経営支援施策の概要と上手な活用法と題しセミナーが開かれた。
 道経済産業局の中小企業や小規模事業者向け支援策を学ぶセミナーに、信金取引先企業の事業主ら50人が参加した。
 道経済産業局の中野健産業部長ら4人が講師となり、商品開発や製造までの生産向上に向けた機械の導入費用の補助事例など交えた補助金制度の説明があった。
 この中で設備投資をすることで企業の作業効率がどのように変わるかなど具体的にあげて示すことが支援採択の上での重要なポイントになるとアドバイスしていた。
 このあと開かれた情報交換会には40人が出席した。

コメントを残す