潮見小で特別授業 SE-NOの2人と近藤さん

 潮見が丘小で8日、SE―NOとライブペインティングパフォーマーの近藤康平さん(東京)を招いた特別授業があり、児童たちが夢を追うことの大切さなど学んだ。
 児童たちにプロの芸術家と触れ合う時間をと台風でソーラン全国交流祭が中止、胆振東部地震で修学旅行が延期となった今の6年生たちの思い出作りをしてあげたいと願う先生たちが企画し、SE―NOがそれに応え実現した。
 「夢と未来の特別授業~芸術のプロから学ぼう」と題した特別授業には全校児童412人が参加。SE―NOが同校40周年のため作曲した「約束の丘」の演奏に合わせ、近藤さんが即興で絵を描くライブペインティングのパフォーマンスを見た児童たちは感激していた。
 このあと、6年生84人を対象にした授業では、蝦名摩守仁さんら3人は「好きなことを諦めないという気持ちを持ち続けることが大切です」などと夢に向かってのアドバイスをしていた。

コメントを残す