5世代目の卵誕生 ひかり幼保のカタツムリ

 ひかり幼稚園きらきら保育園で5年前から飼育しているカタツムリが命のバトンを繋いでおり5世代目となる卵が6日生まれた。
 父母から5年前に寄贈されたカタツムリ6匹は、園児たちが世話してきたお陰で卵を産み、その後も成長した子供たちが次世代へと命を繋いだ結果、今では100匹以上にまで増えた。
 6日、2歳児の教室で60個の卵が土の中にあるのが見付かり、園児たちは観察しながらレタスなどエサやりし霧吹きで水分を与えていた。
 卵は1カ月位で孵化するとみられ、園児たちは新しい命の誕生を楽しみにしている。

コメントを残す

次の記事

天北堆