旧瀬戸邸で竹内さんと中澤さんが福豆茶と獅子舞でもてなす

福豆茶を観光客に振る舞う竹内さん

中澤さんの獅子舞に喜ぶ観光客

 稚内和服でおもてなし実行委員会による節分の催しが3日、旧瀬戸邸で開かれ、観光客が日本の伝統行事に触れるとともに、福豆茶を飲み今年1年の無病息災を祈った。
 日本で古くから伝わる年中行事を知ってもらう機会にと開かれたもので、東京、神奈川など首都圏からのツアー2団体40人余りに、竹内ひとみさんが節分の日に飲む福豆茶などを振る舞い、旅行者の旅の安全と今年の無病息災を祈願した。
 竹内さんの活動を知り、応援に駆け付けた稚内市民観光ボランティガイドの中澤和一さんも加わり、獅子舞をツアー客に披露した。
 東京から友人同士で参加したという女性グループは「節分の催しでお茶をご馳走して頂き、獅子舞も披露してもらって旅の思い出になりました」と喜んでいた。
 中澤さんは「竹内さんの催しを知り、何かお手伝いできないかと飛び入りで参加しました」と語り、竹内さんは「旅というのは人との出会いが思い出になります。今後も年中行事などでおもてなし活動をしていきたい」と話していた。

コメントを残す