過去最も少ない106件 稚内署管内の昨年の犯罪発生状況

 稚内署は、昨年の犯罪発生状況(暫定値)をまとめた。
 それによると、粗暴犯(暴行・傷害など)14件(前年対比3減)、窃盗犯55件(同10減)、知能犯6件(同1増)、風俗犯1件(同2減)、その他30件(同6減)の106件(同21減)凶悪犯は皆無で昭和20年以降、最も犯罪が少なかった昨年より更に21件も減少した。
 同署の検挙活動や防犯ボランティア団体の協力により、住民の防犯意識向上に結びついたことが犯罪を減らす一因となったとする一方、空き巣による被害に気付かず、あとから警察の捜査で発覚する事案があり、戸締りなど徹底してほしいと。
 また、今年1月に架空請求詐欺が発生し、稚内市内の40代女性が電子マネー約200万円を騙し取られる事件が発生したことから、不審なメールや電話があった場合は悩まず家族や警察に相談をと呼びかけている。

コメントを残す