「鬼は外、福は内」 稚内幼保で豆撒き

 3日の節分を前に、市内幼稚園保育園で豆撒きの催しがあった。
 稚内幼稚園もぐもぐ保育園では、自作した鬼の面を被った園児107人が参加し、先生から「節分は豆撒きをすることで心の中の悪い鬼を退治し、1年間元気で過ごせるよう願います」などと由来についての話を聞いた。
 このあと、登場した赤鬼に泣き出す子もいたが、年長児は勇ましい姿で「鬼は外、福は内」と掛け声をかけ新聞紙で丸めた豆をぶつけて鬼を退治していた。
 教室に戻った園児たちは、豆を年の数だけ食べ今年の無病息災を願った。

コメントを残す