天北堆

 きょうが今年最終号。その前の2年間同様、コロナで明け暮れた毎日だったが、多くの市民が感染防止に努めた結果無事に乗り越えたようで幸甚である◆この間ロシアのウクライナ侵攻、国内では安倍晋三元総理の銃殺など予期せぬこと起きるも、今生きる国民にとって頭を悩ませるのが物価の高騰であろう。日頃、物の値段に関心がない堆子でさえコロナのよう数波やってくる値上げにただ々々戦いている今年の代表漢字に「戦」が選ばれる訳だ◆それはそれとして皆様のご愛読には心から感謝申し上げます。

コメントを残す