市立図書館で読書イベント開催 お正月に読書の奨め

図書館の相性診断パネル

 市立図書館で、23日から冬休み中の子どもたちに年末年始の〝おうち時間〟を楽しんでもらおうと読書イベントが開かれている。来年1月15日まで。
 家にいる時間を有効に過ごしてもらいたいと、図書館では本を借りる人の性格や気分に合わせて本とのマッチングを判断する相性診断のパネルを展示、冬休みこどもアニメ映画会として「まんが日本昔ばなし」シリーズを1月15日まで上映している。
 このほか、図書館から指定されたジャンルの本を読書することでビンゴカードを埋めるイベントでビンゴになると、A賞漫画コミック1タイトル一気読みチケット(先着40人)、B賞「ぐりとぐら」のシール(同50人)のどちらか一つがプレゼントされる。
 年明けの7日午前10時から職員が幼児や小学生、大人向けに選んだ本の福袋(1セット3冊)の貸し出しも行う。
 近藤館長は「年末年始のゆっくりした時間を読書で過ごしてみませんか」と奨めている。

コメントを残す